にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村 栄養補助食品:IDSC

今月最終記事は(^−^)食べ過ぎ。

こんにちは(^−^)、日差しはまだ強いですが乾燥しているのか前よりは過ごしやすくなってきたこちらですが、不安要素の多い昨今皆様の地域はどんなかんじでしょうか。

 

今朝は北朝鮮のミサイルが北海道を通過、等平和な日本もそろそろ本腰で国民保護を具体的に考えなければいけない時代に入ったようです。考えてみれば昔、田中総理の時代に日本列島ハリネズミ論などが語られましたが、仮にそういう体制をとったにしても非常時に国民が無傷というのは無理なのでしょうね。

 

困ったものですね。

 

さて、今日は一番身近な問題として「食べ過ぎ」を少し考えてみたいと思います。

 

量や質は各個人で違いますが、昨夜もある友人と話した際どうしてもコンビニ食になってしまう機会が多いという話がありました。

他人ごとではなく私も最近そうなのですが、これなどは過食というよりも内容に糖質などが多く「質」に関して食べ過ぎなくても糖の摂取が多くなる傾向の第一番ではないのでしょうか。

 

肝心なのはやはり普段の食生活です。私の場合などは朝からおなかがすいていますので必ず食べるようにしていますが、以前はこれも満腹感を求めて朝から結構な量を食べていました。昼は軽く済ませ、夜はそれこそガッツリで満足。しかしあまり運動量も多くないので備蓄状態は避けられず(^−^)、今からすると結構な体重とおなか周りを維持していたわけですが、確かに健康診断では数項目の指摘があり、しかし自分では仕方がないといった感じで過ごしていました。

 

今はそういう体形も改善し(^−^)、当然指摘もなくなったわけですが、そこに至るまでに実践した事、それが食べ過ぎをやめる、空腹感があるまでおなかが鳴るまで次の食事は摂らない、といったことでした。

 

最初のころはすぐにおなかがすいてしまい口さみしくなっていましたが、不思議と慣れればかえって調子も良くなり現在に至っているという状況です。

 

まあ、その状態であれば病気はしないのかとなれば別問題でしょうが、少なくとも悪い要因を抱えながらそこに至るのとでは少しでも違うでしょうからこれからも「過食」には留意していきたいと考えています。

 

美味しいものがすぐ手に入るようになった今では、家庭でのオリジナル料理とは異なり、多くの方が似たような食習慣になってきているのは確かです。

 

その中で私たちが自分の体を考えて守っていこうとすれば一番に「食べ過ぎ」を改善することが毎日継続して元気を維持できる方法だと思っていますが、皆さんいかがでしょうか(^−^)

 

 

| 食生活プラスワン | 10:56 | comments(0) | - |

お勧めしたい商品(^−^)

 
 

 


食品糖質対策にぜひおすすめしたい「グラシトール」です、三か月飲んでみるとわかります。これと併せて「減糖茶」という煮出しするお茶がありますがそれも合わせて飲まれることをお勧めします。

 

 

 

| 食生活プラスワン | 16:50 | comments(0) | - |

いつまで続く?糖質対策(^−^)

こんにちは、お元気でしょうか?だいぶ過ごしやすくなってきましたがお天気がおかしいのは続いているようです。水難にご用心を。

 

さて、食べたものからの糖質、これにより出る様々な異常はだいぶ前から問題視されてきましたね。日本人はお米が主食。私などはお米を減らすと後からまた何かを口にしてしまします。

 

でも確かにお米を減らすだけで自分の血糖値は下がります。お米自体にもいろんな成分は含まれていますので、本来はどうということはないのでしょうが(食べすぎ以外は)、難しい所ですね。

 

スーパーなどに売ってあるお米、見てみると昔に比べるとみんな粒が小さくなったように感じます、磨きすぎということでしょうか。

 

真っ白にふっくらと炊き上がったご飯はそれだけで食欲をそそりますが、確かに玄米などは色目がついていますのでそれよりは「なんとなく感」が増すことは本音です。

 

美味しいですけど(^−^)

 

人も本来調整機能が備わっていますので必要な分食べるには問題はありませんが、やはり過食がいけないようです。

 

当たり前の話ではありますが、そのあたり前ができていないことで様々な体の問題につながっていると考えても大げさではないでしょう。

 

以前書きましたがお米150gには53gほどの糖質が含まれ、私たちの体が保存できる糖質は目安が100g、それ以上は血中へ出ます。

 

150gのお米、お茶碗に軽くいっぱいぐらいですね(^−^)二杯食べると満杯状態。

 

話は変わりますが腎臓などもそのろ過機能は血糖値が170を超えるとこせずに尿中へ糖やたんぱくが出てしまうと聞いたことが有ります。

 

いずれにせよスリムな体形が一番の魅力でもあります、私たちが普段できることと言えば過食を防ぐ程度の事。

 

食生活プラスワンも今の時代は必須ではありますが、そういうプラスワンも早くなくなってほしいものです(^−^)

 

まあ、業界の敵ということですかね(^−^)

 

 

| 食生活プラスワン | 11:33 | comments(0) | - |

勝手なことかもしれませんが(^−^)

こんにちは(^−^)。

 

こういう仕事をしていると人の体の事が気になったり、突っ込んで話しすぎてしまったりと無意識に相手の方に失礼になる環境があるのですが、そこを気にしすぎるとなんでもそうですが仕事にはなりません。

 

健康食品はあくまで食品ですので医学的な事やこれを使えば改善する」といった話は禁句。参考にするところは相手の方の食習慣。といってもこれも余り突っ込みすぎはだめですが、この食習慣、とっても深いんですね(^−^)

 

例えばダイエットには成功したもののまた元に戻りっつある人、成功の方法はすでにご存知なわけですから同じことをすればまたスリムが戻ってきます。でもその時間もなく、振り返ってみれば同じものを食べ続けていて増えているのであれば、明らかに食べすぎか運動不足でしょう。食べても身につかない方もいらっしゃいます。

 

病気に関しては行きつくところある程度わかってはいますが、これを口にすることはできませんので、行きつかないための食事などの勉強をしてみてそれを提案する。これには普段の食事の傾向がどうしても必要になります。

 

ところが、どうしても「好み」といった欲が支配する部分ですから、これまたよく言う「わかっていても。」となります。

 

難しいんですね(^−^)

 

植物の根と人の腸は同じ、とだいぶ前に書きましたが、植物は動けない分土壌から自分に必要な成分を吸収しつつ花を咲かせます。適応できなければ枯れていきますし芽さえ出ないこともありますね。

 

必死です、もちろん見えない部分の進化?もあるでしょう。

 

では人は、、。

 

動き回りができます、好きなものを選んで食べる=満足(^−^)

 

しかし本来生きる事しか考えていない体からすればこれほど困ることはないように感じます。体の仕事が増える

 

俗にいう「酵素の使いすぎ。」だけではありませんが。酵素がなくなれば体は食べても枯れていきますので大切な所。

では人は花は咲かせられないのでしょうか、実際は人に花は無理ですが、、。

 

人は寿命が長い、人の花は元気を維持した状態で最後は眠るようにそれこそ自然に旅立つ事のように思います。

 

長くなりますのでポイントだけ「植物の根と人の腸は同じ」ですね(^−^)

 

さあ、今日はどういう栄養を与えますか?あなたや、大切なご家族、ペット君まで、あなたの作った物、買った物を食べます。

 

個人的には今の時代は「素朴」を優先する方が良いと感じますが。いかがなものでしょうか(^−^)

 

みんなで考えたいですね(^−^)

| 食生活プラスワン | 11:25 | comments(0) | - |

ビタミンは酵素の働きに不可欠:補酵素とはよく言ったものです(^−^)



ビタミンは重要な働きをしています。それは?

 

 

≪ビタミンが欠乏すると酵素が働けません≫ 補酵素「コ」「エンザイム」

 

という理由がここにあります。

 

 

 

 

栄養学や医学の見解はビタミンは13種類とされています。

 

 

 

 

「水溶性ビタミンとして」

 

 

 

 

ビタミン B1(チアミン):B2(リボフラビン):B3(ナイアシン):B5(パントテン酸)
B6(ピリドキサール、ピリドキサミン、ピリドキシン):B7(ビオチン):B9(葉酸)
B12(シアノコバラミン):C(アスコルビン酸):9種類。

 

 

 

 

「油溶性ビタミンとして」

 

 

 

 

ビタミン A:D:E:K:4種類。

 

 

 

 

また体内で重要な働きがあり体内合成が出来ないイノシトール:コリン:バイオフラボノイド
(植物が生産する色素の一群)なども必須栄養素に加える説があります。

 

 

 

 

≪三大栄養素と五大栄養素≫〜これがベースです

 

 

 

 

三大栄養素「炭水化物、たんぱく質、脂質」+「ビタミン、ミネラル」で五大栄養素です。
食物繊維が加えられる場合も有るようですね。

 

 

| 食生活プラスワン | 15:18 | comments(0) | - |

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村