にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村 栄養補助食品:IDSC

アミノ酸を大切に(^−^)

≪必須アミノ酸≫〜からだが欲しがる本音の部分です
体内で十分な量の合成ができず、栄養分として摂取しなければならないアミノ酸のことです。
トリプトファン
リシン(リジン)
メチオニン
フェニルアラニン
トレオニン
バリン
ロイシン
イソロイシン
ヒスチジン(乳幼児期のみ必須とされてきたが、現在は成人も必須です)以上9種類
「その推奨摂取量」
必須アミノ酸: 体重1kg当たり(mg): 体重70 kg当たり(mg): 体重100 kg当たり(mg)
イソロイシン      20         1400          2000
ロイシン        39         2730          3900
リジン         30         2100          3000
メチオニン
+ システイン   10.4 + 4.1 (合計15)  1050      1500
フェニルアラニン
+ チロシン      25 (合計)  1750           2500
トレオニン            15                 1050                   1500
トリプトファン        4                   280                    400
バリン                  26                 1820                   2600
ヒスチジン            10                   700                   1000
必須アミノ酸は全種類をバランスよく摂取しないと有効利用されません。
これについては≪アミノ酸の桶≫という例をあげて説明されます。つまり9種類のうち、
一番含有量の少ないアミノ酸を一番背の低い桶板に例え、いくら満杯にしようとしても
そこから水が流れてしまう=ということはアミノ酸の含有バランスが悪い、という事です。
必須アミノ酸をバランスよく含む食物ほどスコアが高いと表現されますが、食品単体ではなく、
食事という視点からでは一日のうちの食品中のアミノ酸を合計したものでバランスがとれれば
OKです。例えば単体ではバランスの悪い穀物と豆もその組み合わせでバランスがよくなります。
なぜなら穀物はトリプトファン、メチオニンが多く、豆はイソロイシン、リジンが多いため互いに
補いあうことができるということです。また動物のよって必須アミノ酸は若干の違いがあります。
ペットが家族の一員として扱われるようになった時代、見落としてはいけない部分ですね。
| 食生活プラスワン | 11:41 | comments(0) | - |

植物が持つ特性を活かす(^−^)

 
「提携広告」

 

すでにご存じで飲んでおられる方も沢山いらっしゃるようですが、「グラシトール」という商品の説明です。

植物の研究はすべてが解明されたというわけではないようですが、世の中にはまだまだ私たちが知らない物もあるようです。

 

「グラシトール」、実は私も数か月前に飲んでみました。ちょうどその三か月後が定期の検針日でしたので調べてみると普段よりは確かに良い結果が出て、もちろん食習慣が優先ですがこの商品は良いと感じたものです。

 

ずいぶん前にこのブログにも書きましたが、植物は動けません。芽吹いたところで育つというのが当たり前で場所は選べないわけです。植物も人の体と同じで生きることしか考えていませんのでどうにかして花を咲かせ種を残そうと頑張ります(^−^)

 

その努力の成果は私たちにも「補給成分」として良い結果をもたらしてくれるということでしょう。

 

確か「腸」のブログの際に書いた記憶があります。ブログを切り替えましたのですでに記事はなくなっていますが(^−^)

 

まだまだ糖のことで悩んでいる方はたくさんいらっしゃるようです、結論は食習慣なんですが、できれば抑えるだけの薬に頼りたくない、という皆さんは試してみられてはいかがでしょうか?

 

食品ですので安心です(^−^)。詳細は画像をクリックしてご確認ください。お試しもあるようなので(ただ、お試しだけでは飲用感の感想にとどまると思いますが)お気軽にご利用ください。

 

まだこれからもいろんなものが体に良いと証明されて出てくるんでしょうね(^−^)、楽しみです(^−^)

| 食生活プラスワン | 11:53 | comments(0) | - |

ロバのパンって、知ってます?(^−^)

こんにちは(^−^)。

 

今はあるんですかねー、ロバのパン、ロバが引いてくるパン屋さん、まあ都会では無理かもしれませんね(^−^)。もうなくなったのでしょうか、、確かに見かけることはなくなりましたが、子供のころ音楽を鳴らしながら売りに来るロバのパン屋さんは楽しみの一つでした(^−^)、売っているのは「蒸しパン」でしたっけ?、色んなパンを、というよりもなんとなく疲れたおもむきで荷台を引くロバを見るのが楽しみでしたね(^−^)。

 

「何でもありますチンコロリン」、、。結構パンの「種類も多く」、来ると買って食べたものです(^−^)。動物園に行くとやはりロバが気になって^−^、ジーット見ていたものですが、あ、軽自動車になったんですかね?夢が薄れていきますねー。

 

その当時から「動物虐待」扱いはあったんですね。

 

虐待と感じていたんでしょうか、顔つきはそうでしたがあの与えられた環境を淡々とこなして生きていく姿には子供ながらに感心していました、幼稚園児のころ(^−^)

 

さて、あまり関係のない話で始まりましたが、「種類の多さ」、今の仕事で言えば当然サプリや健食になりますが、ありますねー。

出尽くしてるんじゃないかと思うほどの商品数ですね、価格も様々。一律いくらでもいいんじゃないかと思うほどですが、うちと違って利益追求の組織体ではそれぞれの事情も含んで設定されていますので特にオープン価格の商品は価格もちがってきますね。

 

「何が飲みたい?」みたいな。確かに同じものなら価格が低いものが良いですよね(^−^)、誰だって同じでしょう。

 

が、本当に今の自分に必要なものはなかなか見つからないのではないでしょうか?、というより必要なものがわからないまま健康に投資してしまう。販売量もさることながら自宅に眠ったまま消費期限を過ぎた健康商品がかなりの量、という話もありますが、皆さんの手元にはありませんか?

 

みんなに共通して必要なものはそんなに多くはありませんし価格も高くないもの、簡単にいえばシンプルな成分でも体は自分の力でそれを活用してくれる、ということですね。

 

そこがポイントです。

 

健康とつくから興味がわく、でも不健康ではない。ただ改善や今を維持するとなれば「健康」の方が反応も早いですが、体も自然なもの、そろそろ「自然食品」へとまた逆行の時代が来るような気もしますが、いかがなものでしょうか(^−^)

 

 

 

 

| 食生活プラスワン | 11:17 | comments(0) | - |

業界も変わりました(^−^)

皆様こんにちは(^−^)。

 

早速ですが、私が健康食品を始めたころ、かれこれ40数年前ですがこういっては何ですが大したものはありませんでした。事実です主に補酵素、ビタミン類が主でEを摂れば、Cはなんだ、みたいな中で販売を続けるのに苦労した日々を覚えています。

 

救いはまだ今ほど加工食品も多くはなく食生活が安定していた、ということでしょうか。八百屋さん、商店街には肉屋さんとかが並び買い物かごを下げたお母さんたちが毎日買い出しに回っていた昭和の時代ですね(^−^)。大型店舗は少なくほとんどが地元の商店で今思えば本当に懐かしく感じます。

 

それから時代は変わり、というよりも研究が進みいろんな食品成分が具体的に何に良いとかわかるようになると所謂サプリメントの時代到来で商品数も多様になり自分に合ったものを選んで買えるようになってきました。

 

これからも様々な研究が進みよい商品がどんどん出てくるのでしょうが、「皆さん共通してよいものは何でしょう?」と聞かれて即答できますか。

 

前にも書きましたが意外にシンプルなもので、昔からある物のように私は感じます。

 

御酢、海藻類、緑茶、梅干し、鰹節、野菜、ゴマ油、他にもありますが、こういった昔からあるものを常食することが自分の力を維持する近道なのではないでしょうか。

 

薬の世界では「ガン」ももうすぐ不治の病ではなくなるとか。益々寿命も延びどちらかといえば生活資金などの心配が増す感じですが、まあそれはどうにかなるでしょう(^−^)

 

あとは新しい病気、病気も今の時代で出尽くしたわけではないでしょうしウイルスのように耐性と体制を変化させながら近寄ってくるわけですから油断は禁物。

 

このように考えていくとやはり気を配るのは「腸」でしょうか。免疫最前線。業界も躍起になって新しいものを追求していますが基本は「腸」に落ち着くように思います。確かに胃酸の壁をクリアするためにカプセルを工夫したり適材適所を探って日夜頑張っていますが、届ける物は昔からあるシンプルなもの。

 

やはりお金をかけずに元気を維持するためには「食生活」と今の時代の「食生活プラス1」。

 

時々もうサプリメントの事業部はやっめようか、とも思いますが(^−^)、まあ、自然と必要がなくなる時代が来るまで続けても悪いことではないし、と思っている最近の私です(^−^)

 

基本的な事を大切にしながら頑張ってまいりましょう(^−^)

 

 

 

 

 

 

 

 

| 食生活プラスワン | 18:20 | comments(0) | - |

各世代、今すべきは(体の事)

こんにちは(^−^)、もう二月も終わりですね、何よりもまずは少しは暖かくなるのでしょうか(^−^)。

 

一番ほしいもの、それは「暖かい風。」です。個人の感想ですが(^−^)

 

さて、いつも書いていますがお薬とかではなく栄養補助食品を有効に使って整える上で一番気にしていただきたいことが有ります。それは世代ごとに今何が不足しているかを考えるということです。

 

体の中は宇宙規模で生を営んでいますがその燃料となる「食」は人さまざま、好みも違えば環境も違うわけです。そうなると不謹慎で失礼な話ながらAタイプ、Bタイプのように状態が分かれてきます。

 

以前からしつこく書いている三角形、一番下が(酵素)その上が(補酵素)そして(脂肪)、と目で見る上ではとてもシンプルな構図ですが、これをそのまま自分に当てはめると各項目の中に含まれるいろんな成分にはそれこそ多種多様なもの、例えば「必須アミノ酸や必須ミネラル)とか「自分に合った脂肪の量」とかが関係し、それを自分に当てはめるには難しいところがあり何が平均で今の自分んには何が足りないか、わからなくなってきます。

 

女性の場合脂肪の量が不足していると母体の状態から妊娠も抑制してしまう、といった研究報告もあるくらいですから、ある意味蓄えも必要でしょうがあまり蓄えすぎると逆に不要なものになってしまいますね。

 

世代ごとに考えれば今の食環境から何が足りないかは大体わかります。例えば「食物繊維」などは不消化ながら体にはとても必要なもので全世代的に不足していますね(^−^)

 

貧血なども病的なものを除けばミネラル不足、このようにバランスを整えることが毎日を元気で快適に、笑顔一つでも健康的なえがおで暮らす秘訣ではないでしょうか。

 

自分の体の中に沢山の子供が汗だくで働いていると考えてください、食べられたものを毎日休まずに、消化分解から適材適所の配置まで一生懸命に運んでくれているわけです。そこには邪気はありません、生きることだけしか考えていません。

 

その無意識な自分に、毎日の自分は何がしてあげれているのでしょうか?

 

もうだめだ、、と思ったとき体は病に走ります。でも少しでも望みがあれば体は全力で意識的にもあなた自身を支えてくれます。

それが世にいう奇跡となって現れるのではないでしょうか。

 

ややこしい話になりましたが「遅い」ということはありません。平凡の非凡と同じく自分を知り、自分を生かすということの難しさは結局は自分のあるんです、その要が「食」ですね。

 

将来への不安や年金がもらえるかどうか、というのは別問題ですが、毎日の元気を維持して年齢に関係なく現役を維持できる自分を造り上げることは自分への責任でもあるように思いますが、皆様はいかがでしょうか(^−^)

| 食生活プラスワン | 12:59 | comments(0) | - |

03
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村