にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村 栄養補助食品:IDSC

IDSCサプリメントとしての考え方(^−^)

こんにちは(^−^)。よく「IDSC」ってどういう意味ですか?とご質問をいただきます(^−^)。

 

簡単にご説明しますと、「世界中に存在する健康の関する情報をみんなで共有しながらいつまでも元気に暮らしましょう。」   (^−^)という意味です。

 

なぜ世界中なのでしょう、日本人なのに。それは食習慣自体がインターナショナルになってきたからです。それだけです。

 

私たちの体は毎日の「食」で成り立っています。食べ物を消化分解して体の隅々に必要な栄養素を運び正常を維持する、これは年齢や環境とは別の問題ですね。その時々の「正常」は人々によって異なります。

 

合わせて完璧な体、というものも存在はしません。何かしらの弱い部分はすべての人が持ち合わせています。

 

目の前に食品が並べば誰だってなんでも食べたくなります(^−^)、興味・好奇心・食欲・などいろんな要素が関係してきますが、本来体というものは複雑多岐で宇宙と同じですが考え方はシンプルです、「生きることだけ。」ということです。

 

そして与えられた食環境に準じているわけでもありません、自分にとって不都合が続けばサインを出したり回復を目指したり、免疫で防いだりとまるで意識とは別物のなにかが自分の中にいて実はそれが自分を運営してくれているかのようにも感じます。

 

そう感じたことありませんか?

 

中飛ばしになりますが、そこには必ず「食」が関係しています。私はあまり好きな言葉ではありませんが「医食同源」という言葉があります、しかし今は医と食は資格的にも分類され医の分野で食を語ることはできても食の分野で医を語ることはできません。

 

実際病院などで食に関する質問を上げても観念論的な返事しか返ってこない、という経験者は結構いらっしゃいます。そうなると結局は結果が出る前に自分で食を管理し、結果に至らないように様子を見ることが一番の養生と考えるわけです。

 

その考えなくてはならない「至る結果」はこれも人それぞれです。見方として傾向性を自分で考え不足しているだろうと思う食品成分を補う、食で補えればそれが一番でしょう、どうしても難しければ俗にいうサプリメントで補う、それが現代でできる一番の自分への思いやりと考えるわけです。

 

長文になりましたがサプリメントは人の数だけ必要です。みんなに良いというものは数えるほどしかありません。自分に合ったものを見つけてそれを補いながら食を続ける時代が今、ではないでしょうか(^−^)。

 

読んでいただきありがとうございました(^−^)

| 食生活プラスワン | 19:07 | comments(0) | - |

クエン酸とは?よく言いますが(^−^)

≪クエン酸とは?≫
疲労物質の乳酸や、糖質、脂質、アミノ酸と結びついて体内でエネルギーに変換してくれるクエン酸。この変換過程を「クエン酸サイクル」と言います。
生命維持のために大切なサイクルであるだけでなく、疲労を回復させながら脂肪も燃焼してくれます。だからダイエットできる。
しかし、クエン酸は摂取しても数時間でなくなるので、1日3〜4回ぐらい、食事やおやつのたびに摂るのが効果的です。
クエン酸は、熱を加えても壊れません。ですから煮たり焼いたり調理をした食材からでも、十分に摂取することができます。
たとえば梅干しにはクエン酸が多く含まれます、そのまま食べるのは勿論、調味料にするなど料理に積極的に使いましょう(^−^)
私は黒酢から摂取しています、皆さんもどうぞ。
| 食生活プラスワン | 15:20 | comments(0) | - |

運動で脂肪を落とす、、(^−^)

こんにちは、さて毎日少しでも体重を落とそうと運動に頑張っている方、必ずや努力は実りますから忍の一字で頑張ってください。私も先日散歩に出かけたのは良いですが、何がそうさせたのか10kも歩いてしまいました(^−^)。

 

 

結構歩けるものですね、2時間ぐらいかかりましたが歩いていると色んな発見もあります。

 

 

 

 

掲示板の広告や野良猫との出会いや、昔馴染みといきなり出会ったり、楽しいものです(^−^)

 

 

 

 

しかしですね、私たちが食事から摂取する脂肪のカロリーですが、栄養学では脂肪1gは9キロカロリーで計算します。体の脂肪には約20%の水分が含まれていますので実際はその80%すなわち脂肪1gは7キロカロリーで燃焼させることができます。

 

 

 

 

ですので、脂肪1gを減らすのに7kcal必要なわけですから、運動での減量にはかなりの努力が
必要です。1キロの脂肪を落とすためには7000kcal必要なわけで、運動だけで痩せるのは非常に難しい気がします。

 

 

 

 

しかし、そんなデータには負けないように!

 

 

 

 

 

 

軽い運動でも習慣にして毎日コツコツと頑張ってまいりましょう(^−^)
| 食生活プラスワン | 16:45 | comments(0) | - |

食事から摂取しているもの(^−^)

≪必須ビタミン≫〜酵素の働きに不可欠:補酵素とはよく言ったものです
必須ビタミンと言うものはありませんがビタミンは重要な働きをします。それは?
≪ビタミンが欠乏すると酵素が働けません≫ 補酵素という理由がここにあります。
栄養学や医学の見解はビタミンは13種類とされています。
「水溶性ビタミンとして」
ビタミン B1(チアミン):B2(リボフラビン):B3(ナイアシン):B5(パントテン酸)
B6(ピリドキサール、ピリドキサミン、ピリドキシン):B7(ビオチン):B9(葉酸)
B12(シアノコバラミン):C(アスコルビン酸):9種類。
「油溶性ビタミンとして」
ビタミン A:D:E:K:4種類。
また体内で重要な働きがあり体内合成が出来ないイノシトール:コリン:バイオフラボノイド
(植物が生産する色素の一群)なども必須栄養素に加える説があります。
≪三大栄養素と五大栄養素≫〜これがベースです
三大栄養素「炭水化物、たんぱく質、脂質」+「ビタミン、ミネラル」で五大栄養素です。
最近では食物繊維も加えられる場合も有るようですね(^−^)
私たちはこれらのものを毎日食事から摂取しています、よく「平均的」「バランス」と言われますが栄養学でも学ばないことには素人にはよくわかりません。
しかし「かたより」は感じ取ることができます、日常生活でどうしても食事が偏ってしまうと感じる場合は特定の栄養成分をサプリメントから摂取してください。
こちらは朝から雨が降っています、冷たい雨ですね(^−^)、あと少しで暖かい本格的な春がやってくることでしょう、体も対応が大変な季節、体調を崩してやる気をなくさないように頑張りましょう!それでは失礼します(^−^)
| 食生活プラスワン | 11:21 | comments(0) | - |

必須ミネラル、ここが大切(^−^)

私たちの体に自然に存在する70種類のミネラルの中でも健康維持に不可欠なミネラルを≪必須ミネラル≫といいます、その数は60種類以上あります。
そして、その「必須ミネラル」はさらに「主要ミネラル」と「微量ミネラル」に分類できます。
主要ミネラルは7種類で「カルシウム:リン:カリウム:硫黄:塩素:ナトリウム:マグネシウムで必須ミネラル全体のの90%を占めています、残りの10%が微量ミネラルです。
「主要ミネラル」=成人の一日の所要量が100mg以上のものを言います。
「微量ミネラル」=成人の一日の所要量が100mg未満のものを言います。必須主要ミネラル90%「通常の体内存在量:単位ミリグラムです」
カルシウム: 1160000
リ  ン  :  670000
カリウム  :   150000
硫  黄  :      112000
塩  素    :       85000
ナトリウム:       63000
マグネシウム:     25000
必須微量ミネラル10%「通常の体内存在量:単位ミリグラムです」
鉄    :   4500 
フッ素    :     2600
ケイ素    :     2300
亜 鉛    :     2000
鉛        :      120
銅        :       20       
バナジウム:   18
ヒ素      :       18
マンガン  :       15
ヨウ素    :       12
セレニウム:       13  「その他の微量ミネラルは省略」ゲルマニュウム:クロム等
少しずれていてみにくいかもしれませんがご了承ください(^−^)
| 食生活プラスワン | 10:11 | comments(0) | - |

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村